道路に落ちているもの

 

 前回の日記から4か月近くたってしまいましたので、

 

実は前回のイタリアふらっと旅の日記も未完成のまま放置中・・・

 

 気持ちを切り替えて、新しい話題です。

 

タイトルのとおり、

 

「道路に落ちているもの」

 

ゴミの事です・・

 

外を歩けば、そこらじゅうにゴミが必ず、落ちていますね。

 

その内訳で特に目立つのは、

 

 ・タバコの吸い殻、タバコの空箱

 

 ・お菓子の空袋

 

 ・ハンバーガーの包装紙

 

 ・からあげくんの包装袋

 

 ・弁当トレー

 

 ・空ペットボトル

 

 ・上の物がまとまって入ったコンビニ袋

 

 

 ・中身の少し入ったペットボトル

 

飲み残しのお茶かな???

 

 

 

おしっこだな・・・

 ゴミを車外に捨てる行為は犯罪ですなんて事は

 

今さら言わない。

 

 身勝手で、短絡的思考、善悪の判断ができない

 

衝動的に行動する動物のような人

 

 さらにゴミの種類から、ある特定の人物像が浮かびます。

 

それは、

10~60歳台で頻繁にコンビニを

利用する人物

(コンビニ利用者の全体を指すものではございません)


近くて気軽に、いつでも何でも買えるコンビニ

 

少々値段は高くても、便利なので重宝する

 

そこでの購買に至る思考から、

 

「衝動的に行動する習慣」が養われます。

 

コンビニで販売されている食品の

 

安全性の問題にも関係がありますが、

 

ガマンして考えることの必要性が無くなる。

 

この状態に慣れて大脳の前頭葉が退化すると、

 

思考、感情、理性の機能が低下してしまいます。

 

 

まとめ

 コンビニ店が多いから道路に捨てられるゴミが多いのか、

 

ゴミを捨てる人が多いからコンビニ業界が発展したのか

 

今となっては、どちらかわかりませんが

 

ただのポイ捨てぐらいと考える人が

 

さらなる凶悪犯罪につながらないことを願うばかりです。

 あと、おしっこ入りのペットボトルを

捨てたのは男性です!(断定)


コンビニ店の無いナポリの街もゴミが散乱して汚かったけど、

 

私たちは心身を健康に過ごしたいですね。