ちょっとピザを食べにイタリアへ


 小松空港は良いですね。

無料の駐車場が用意されています。

今回はじめて知りましたが、

すでに多くの車で駐車スペースが埋まっていたので

認知度はあるんでしょうね。

 案内カウンターで無料スタンプを押してもらいます。

 月曜日の昼下がり。もう朝の雪は消えています。

夕方からの飛行機で東京へ行きます。

17:55発 JAL190便 羽田行き

 

定刻より30分遅れて出発しました。 

 羽田空港は良いですね。

日本語が通じるし、トイレも快適だし、

安心してぶらぶら歩けます。

 

19:30分、羽田空港に到着。

国際線ターミナルへ、無料シャトルバスで移動します。

 Hカウンターでチェックイン。

手荷物検査と出国審査をして142番ゲートへ移動。

 

23:50発 AF293便  定刻にパリへ出発。

 

エールフランス航空機ですが、東京発なので

機内アナウンスは「フランス語」と「日本語」で安心。

CAさんもフランス人と日本人がいました。

 

 夕食、睡眠、朝食とシートに着席姿勢のままでこなします。

もちろん、エコノミークラス! 苦痛を味わいます。

 

 常にどこにいるか手元のモニターで現在地が表示できます。

13時間の飛行予定でしたが、1時間早い到着。

「機長が、がんばって操縦してくれたから。」とアナウンスされました。

てっぱんジョークなのかもしれませんが、疲れてだれも笑いません。

 

・・・とにかく良かったと思います。

 

 深夜0時に東京を出発して12時間経過しているので、

本来はお昼正午のはずですが、フランスは朝の4時です。

時差がー8時間。

4時間分を、12時間かけて過ごしたと考えれば、ゆったりした気分です。

 でも身体はぐったりしています。

 

人生初のヨーロッパ上陸!

 

とは言ってもまだ空港内なので、外の地面は踏んでない。

 

 早朝4時のパリCDG(シャルル・ド・ゴール空港)は静かです。

 

入国審査を通ってから、次のアリタリア航空のチェックインをして、

次の2Fターミナル、F53ゲートへ向かいます。

とても大きい空港ですが、案内の表示(ゲート番号)が常に見えているので

移動は意外と分かりやすいです。

着陸した時、気温はー1℃、晴れから雪。

 

だんだん雪が強くなって、みるみる積雪で真っ白。

 ここで乗り換え7時間・・・待機の予定。

かなりヒマですが外へ出るのもこわいし空港内にいます。

 

 アリタリア航空 AZ319便 ローマ行き11:10離陸予定

 

でも結局、搭乗開始できたのは昼12時過ぎてから。

直前に搭乗ゲートはF52に変更。

 

 ローマまでは所要2時間飛行、この時点で

 

そのあとの14:00ローマ発の飛行機には乗れないことがほぼ決定。

 

搭乗してからさらに1時間止まったまま経過。

 

機内アナウンスは何を言ってるか分からないから、

 

飛ばない理由が不明のまま・・ただひたすら待つ

 

移動したかと思ったら、次は羽根にくっついた雪落とし作業。

 

離陸は、14:00でした。

約10時間待ったことになります。

 

 スイス上空! 

真っ白な山々が続いてとてもきれいです。

モナコの海岸線・・・だと思う。

 

 

ローマの街が見えてきました

世界遺産っぽいものがないか探しましたが、

ローマらしいのかさえ、よくわかりません・・・

予定通り約2時間の飛行でローマ・・まもなく着陸。

 

次の便に乗り遅れているので、やや不安です。

ローマ フェウミチーノ空港 15:40到着

 

予定より約2時間30分遅れで、次の予約便はすでに離陸済み。

 

案内カウンターで、14:00発AZ319便のチケットを見せて

 

「ねえ、今日中にナポリに行きたいげんけど、どうしたらいい?・・」

 

という顔芸をしたら、男性職員さんはイタリア語、英語、フランス語で

 

何やら答えてきた後、何も通じない事が分かって、

 

新しいチケットを発行してくれて、

 

「Boardingtime17:25」をペンで囲って、「OK?」

 

私は笑顔で「OK、Grazie!」(了解、気の毒なね!)

 

アリタリア航空 17:55発 AZ1269便ナポリ行きに変更できました。

 

ここであと2時間待ちです・・・だいぶ疲れてきました。

 

あこがれのイタリア 

最終目的ナポリの街並みです。

つづく