「特別おいしいピザ」が好きな人を募集しています

「おいしい商品を手早く作ること」、「お客さん宅へ確実に速くお届けすること」は、決して楽で簡単な仕事ではありません。

 

 昨今の少子高齢化による人口減少は、日本の全産業において生産性の低下に伴い、社会全体と経済市場は縮小へ変わっていきます。

今は景気の悪化を止めるというよりも、人口減少を止める有効な手段も政策もあるように思えません。社会が市場規模に見合った生産活動に合わせていくしかありません。

 将来的にはデジョイピザも、ドローン等による小型無人機でピザの配達や、無人の自動運転車でロボットに配達をお願いするような時代になるのでしょうが、安全性や信頼性、関連する法整備、コスト面でもまだ数十年は一般に普及と導入は難しいように思います。

 

 サービス業といわれる飲食店スタッフは特に不人気な業種で、土日祝日、お盆、クリスマス、ゴールデンウィーク、正月に休みはありません。お客さんと休みの時間が相反するという事です。

そして食品を扱うクリーンな環境と、軽作業主体の割に、対するソフト面(お客さんやスタッフ)の人同士の関わりによる心的ストレスが重く負担となりやすく、その面倒な事が敬遠される要因ともいわれます。

私自身は(自称)対人恐怖症と、(自称)団体行動嫌いもあり、サービス業には不適格なのでしょうが、あまり人との深い関わり合いや、付き合いをしないので、ストレスも少なく意外と気になりません。

向き不向きと決めつけなくても、「人それぞれの性格に合った対処法」でサービス業に限らずあらゆる仕事に就く事は可能だと思います。

 

 将来の年金の支給があてにできない老後の生活不安と、若年層の労働力が減少していくと当然ながら元気な高齢者を雇用しようと企業は考えます。自治体の雇用助成制度も手伝って国をあげて促進を図っていますが、それで今後不足していく充分な労働力は確保できるでしょうか。

 私も含め増えていくいわゆる「第2次ベビーブーム世代」の高齢者も50年後には、ほぼ天国で楽しく暮らしています。

いよいよ人口6千万人の時代に日本は置かれ、事業所の数は今の半分以下に減っているでしょうか。

 最近の求人誌をみていると、これまでは募集していなかった18歳未満の高校生のアルバイトを積極的に受け入れる事業所が急増していることに気づきます。

さらにもっと時代が進めば、企業の採用担当者や、防衛省は中学校へ求人案内の挨拶に行くようになるかもしれません。いわゆる子供達の「青田買い」です。労働力が不足するので当然のことです。

そうなると、もうデジョイピザは小学生から保育園児にまで広く募集をしなければ・・・いやいや

 学生さんのアルバイトを含む、労働人口が減少しているなかで日々、新しいお店が乱立している状況にあり、ますますアルバイトの争奪戦は激化しております。

当然、他店との人員の取りあい競争になるので給料等の労働条件は良くなりますが、反動で人件費の高騰、使用材料の値上がりで経営環境は厳しさを増していくことになりかねません。

景気が冷え込んで物の売れない時代に少ない労働力を高い賃金で採用した結果、事業所の利益は上がるのでしょうか。存続が容易でないことは明らかです。

 

以上のような日本のこれからの状況をご理解いただけるかたへ

 

 まじめに、こつこつ一生懸命がんばっていただける心の優しい方を、お待ちしています。

 時給は配達可能な方で、1,000円からとなっております。

50~70歳代で未経験のかたは主に配達のお仕事で活躍いただけます。

高校生はひっそりと店舗内で調理の補助をお願いします。くわしくは面接にてご説明させていただきます。

 

※現在ドローンのオペレーターは募集していません

八ツ矢店応募 ☎076-276-0452店長まで

随時受付中

黒いマスクに白い服

イタリアのナポリ地方に伝わる道化師

「プルチネッラ」